2016-02 | ARCHIVE-SELECT | 2016-04

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画 「オデッセイ」

映画「オデッセイ」

ガムテープは藝術である。


新宿の思い出横丁にある「つるかめ食堂」が新装になってから一度も行ってなかったから、ホルモン定食。
タツシには会えなかったけど、何故かヒロシがオーダー取ってたのが笑った。
相変わらずの店風景に和む。
貧乏くさい(笑)けどほぼ満席。

変わらない風情
タツシかんばれ!



昔の面影がすっかり無くなった新宿ピカデリーで「オデッセイ」鑑賞
綺麗だけど客パラパラ。
つるかめ の勝ちさ。

映画 「オデッセイ」



原題:THE MARTIAN
監督:リドリー・スコット
出演:マット・デイモン
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年2月5日
上映時間:2時間22分
配給:20世紀フォックス映画
製作会社:スコット・フリー / キンバーグ・ジャンル
カラー

【story】
火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。
乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。
空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。
一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。

■シネマトゥデイより引用


なんでしょう、このモヤモヤした映画
トラブル解決の手際よさ
火星でサバイバルに必須なのはガムテープとウンコ
独特のコメディ大作映画としてはかなり一流。

科学の勉強が大事とか言わせるんですけど、どうなんでしょう都合のいい感じしちゃうよ。
結局頼りになるのはガムテープにウンコに度胸だもん。

リドリー・スコット敗れたり。

2016年3月 東京 新宿ピカデリーにて観覧

地球儀と本 こけし

地球儀 前 地球儀 後

お勉強で世界を救うの教訓こけし(笑)
地球に日本しかないのが面白いですね。

date

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5

index
スポンサーサイト

| 映画 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8mm MOVIE FILM バスター・キートン「白人酋長」

8mm キートン

バスター・キートンはサイレント映画の藝術である。

ボクはキートンの短編 『文化生活一週間(原題:One Week)』 で映画の面白さを知った。

One_Week_1920

チャップリンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれたが断然キートンだ。
チャップリンの説教臭さも無く、ロイドの下品さも無い。
クールな佇まいとスタイリッシュな作風の見事さに惚れ惚れする。


某日ヤフオクで 8mm movie film のキートン作品を入手。
DVDじゃなくって、8ミリフィルムだもん小躍りです。

無声短編の「白人酋長」

この作品は、キートンには珍しく人種差別をやんわりと皮肉ってるのがいい。
表現はこうありたいと願う。

映画 「白人酋長

白人酋長

原題:The Paleface (1922)
出演:バスター・キートン、ジョー・ロバーツ
監督・脚本:バスター・キートン、エディ・クライン
製作:ジョセフ・M.スケンク
コミックフィルム作品
ファーストナショナル配給

上映時間21分 公開 1922.1.

【story】
アメリカ中西部、インディアンの一族が居留地で平和に暮らしている。
ところがその近くに事務所を構える悪賢い石油業者が手先を使い、居留地の権利証を1ドルでせしめ奪い取る。
怒ったインディアンの酋長は一族に「ここに最初に入ってきた白人を殺せ」と命ずる。
なにも知らないキートンが捕虫網を持ち、蝶々を追ってのんきに入ってきた。
たちまちインディアン達に捕まり火あぶりに遭うが、アスベスト材を見つけ、それで防火服下着を作り着用して難を逃れる。
火あぶりでも死なないキートンは、一族の崇敬を受け酋長に祭り上げられる。
そして土地問題を知ると、一族を引き連れ石油業者に談判し、思わぬことから悪い白人の企みを封じ込めて感謝される。



ヤフオクで入手したけど、なんかとても安かったから、不安だった。
なにせノーチェック出品のアイテムだから。

現物みたら酷かった(笑)

2分おきにフィルムが3秒ぐらい透明になる!
なんでこう透明になるのか、現像ミスなのかしら…不思議です。

8mmfilm

一応全部見たけど、フィルム破損はなくパーフォレーションは大丈夫。
映写機でローデイングは出来てたのが不幸中の幸い。

ダメなところをカット編集したら、物凄いNG量に驚く。

8mmfilm-

編集テープ1本まるまる無くなり、翌日 レトロ通販 まで8ミリ編集テープ買いに行く羽目に。
カット編集に1週間もかかり800フィートリールで入手したのに、結局400フィートリールに収まってしまう(笑)

せっかくの戦前作品だから、ここはクラシックな金属リールに納めたい。
古いセコニックのダブル映写機に付いてたリールを外して、ダブル仕様の小さいセンターホールをシングルスーパーサイズに穴あけして巻き直し。
手持ちの16ミリ用の金属ケースに収めて、なかなかな雰囲気。

8mmfilm編集済

編集終えてリールに収め、早速試写したけど、部分部分絵が飛ぶけどなんとか筋は分かるし、キートンのアクロバチックな面白さも味わえる。
なんと言っても8mmってのがいい!味がある。
空気の中を映写光が通る質感がグッとくる。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ところで、友人の映画作家 古本恭一君の短編映画上映会をフジヤマで定例でやってるんですけど、次回は3月27日(日)です。
上映作は彼の短編「デマエのオムカエ」(6分)で、全くの新作なので楽しみ。
せっかくだから、私の編集努力品(笑)バスター・キートンの「白人酋長」8ミリも同時上映します!
フジヤマ店頭でいつものように午後7時ぐらいからやります(雨天順延)ので、興味ある方は是非おいで下さいませ。
古本監督との上映後の談話会も面白いですよ。

2016年3月 自室にて観覧

聖母人形こけし
聖母人形 前 聖母人形 後 聖母人形 上
キートンの異色作「PALE FACE」という事で、顔が白いこけしを選んでみました(笑)
ちょっとエロいヴィジュアルですが、なんともエキゾチックな日本の聖母さん。
真っ白な顔に薄紅な頬と眉毛の描込みが見事ですし、子供の表情が素敵ですね。


date

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5


index

| 映画 | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。