2012-01 | ARCHIVE-SELECT | 2012-03

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SONY液晶テレビ付属リモコン RMF-JD010

SONY リモコン

新感覚は、藝術である。

デジタル放送移行につき、やっとデジタル液晶テレビを導入。
PCと連動可能はよしとして、PC介入せずともモデム接続のみでユーチューブが見れるってんで、ソニーの小さいやつ。
ソニーと云えば、なんつってもミニ最高!っていう古い印象しかないオヤジだから(笑)

まあ、きれいに映ること映ること、感心しましたわ デジタルって凄いのね。
と、今更に感心するデジタル音痴はあたし。

しかし、内蔵スピーカーはからきしダメで、イヤホン端子からわざわざアナログアンプに接続して、外部スピーカーから音出し。
すべからくデジタル至上でもありませんで、このへんは。

なにが気持ち良かったかと言うと、リモコン。

今、世間じゃこんなのが当たり前なのかどうか、疎いあたしにゃ分かりませんが、無線なんですコレ。
赤外線リモコンじゃあないからテレビ画面に向けなくても布団の中からでもチャンネル変えられるんです、嬉しいな。

なんか得した気持ち。

しかもこのリモコンのデザイン洒落てる。
でかいっちゃあデカイからソニーらしくないけれど…。
単四2本収納する電池室が一見して分からないときたもんだ。
なんと、裏カバー全体をスライドさせるとお出ましあそばします。

SONY リモコン裏カバー

素敵でやんの。

まあ、テレビ本体の性能なんかよりこのリモコンに惚れたわ、あたし。
で、くどいけどこんな無線だったり忍者電池室仕様は昨今普通なの?

2012年2月  自宅にて観覧
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
テレビジョン赤倉山みやげ
硝子で作ったテレビ 中にはアベックこけしがチョコンと。
テレビがブランニューだった頃の素敵なお土産。
テレビジョン 前 テレビジョン 裏



SONY リモコンindex

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5

SONY リモコンdate
スポンサーサイト

| テレビ | 06:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風流TOKYO堂 #1 細野晴臣&春風亭昇太

風流TOKYO堂 #1

眠いは、藝術である。


落語と音楽の融合イベント第1回!
で、春風亭昇太さんと細野晴臣さん。

昇太さんの出し物は古典「崇徳院(すとくいん)」
この噺、サゲがどうにも苦手なんです。

主人公と床屋の客が、すったもんだの挙句に鏡を割ってしまいますが「割れても末に、あわんとぞ思う」で終わる。

これは小倉百人一首・崇徳院の句
「瀬を早み 岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ」の句を題材にした噺です。
「川の流れが早く、水が滝になり岩に当たって二つに割れても、すぐに合うように、のちに仲は戻る」という意。
下の句「われても末に、逢わんとぞ思ふ」の駄洒落というサゲ。

これが今聞くハナシとして洒落てるかなぁ…とぞおもふ。

この百人一首ネタのサゲを、鬼才 桂枝雀さんはあっさり捨てているのである。
潔くていい。
「互いに探す相手が知れまして一対の夫婦が出来上がります。
崇徳院というおめでたいお話でございます」

これだけだった。

古典ということへの取組み方を試されるのである、この噺。多分。


さて、今日はロックと落語の融合デイでございます。
カツゼツの悪さを利点にしてしまう程のパンクな昇太さんですから、伝統でもなく枝雀テイストでもなく不思議なサゲを期待したんだけど。
伝統どおりに終えてた。

「明日死ぬかもしれないし、好きなことをしていきたい」

そう言ってたじゃないか、期待を裏切ってくださいよ、もっと。
ロックじゃねえなあ、せっかくこんな日なのに(笑)
というか、古典やるの?新解釈なしで?
創作を、てんやわんやの昇太ワールドで味わいたかったのにぃ…

客なんてわがままなもんですね(苦笑)

落語タイム後、「城好きの人」というシングルを出したってんで歌うんだけど、これがまた出だしからミスる味。
ムーンライダーズの岡田徹作曲演奏といってもムード歌謡です、なんかこっちの方が新解釈で「らしい」
幕間に城フェチ昇太さん、足軽コスで登場しての撮影会(笑)
お城といったらお殿様だろうに、なぜに足軽?
ロックだなあ…。

春風亭昇太

当日、司会もやってた寒空はだかさんが良かった。
皇室をいじったあと、「東京タワーの歌」。
耳に残るが、心に残らない の名言に爆笑。
素晴らしい!
テクノっちゃあテクノな「スカイツリーの歌」でしめたりなんかしてオシャレ。

寒空はだか
■寒空はだか/東京タワーの歌(EP) OZ disc OZD-048 ¥1000


最後に細野バンドのライブ。
糖尿病一歩手前で、眠い眠いのボソボソ喋りで笑いをとって。
この「眠い」に細野晴臣が凝縮してますね。

らしい。

『しんしんしん』を歌う
「都会の雪は汚れてて当たり前 そんなばかな 誰が汚した」
ここで終わらず

僕が汚した 君が汚した

と加えたのね…凄いな細野さん。
今をちゃんと据えているのだ。
たとえ眠くてもロックしてます。

そんなこんなで、ラストはこの日出演した全員揃ってHISの名曲「幸せハッピー」を。

細野晴臣 忌野清志郎 坂本冬美 でHIS  2006年の名演


2012年2月13日  東京 渋谷大和田 さくらホールにて観覧
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
居眠り小坊主こけし
小坊主にねずみ柄があるところを見ると一休さんなのでしょうか?
木魚を枕に、眠い眠いのカワイイお坊さんです。
居眠り小坊主 前 居眠り小坊主 後



風流TOKYO堂 #1 index

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5

風流TOKYO堂 #1 date

| 舞台 | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」

三丁目の夕日64

好きなモノがあることは、藝術である。

<note>
題名:ALWAYS 三丁目の夕日'64
製作年: 2012年
製作国: 日本
日本公開: 2012年1月21日
上映時間: 2時間22分
配給: 東宝
カラー

<staff>
監督 山崎貴
脚本 山崎貴 、 古沢良太
原作 西岸良平
エグゼクティブプロデューサー 阿部秀司 、 奥田誠治
撮影 柴崎幸三
美術 上條安里
装飾 龍田哲児
音楽 佐藤直紀
録音 鶴巻仁
音響効果 柴崎憲治
照明 水野研一
編集 宮島竜治
SFX/VFX/特撮 山崎貴 、 渋谷紀世子

<cast>
吉岡秀隆
堤真一
小雪



<point>
西岸良平の漫画を原作とした『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ第3弾。
大ヒットした1作目から監督・脚本・VFXを手がける山崎貴が、東京オリンピックに象徴される昭和39年の空気感を最新CGで再現。
吉岡秀隆、堤真一、小雪など、おなじみのキャストが集結。
森山未來、大森南朋など演技派ゲストを迎え、下町人情ドラマを展開する。

<story>
昭和39年(1964年)。
オリンピック開催を控えた東京は、ビルや高速道路の建築ラッシュとなり、熱気に満ち溢れていた。
そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、5年前と変わらず、個性豊かな住民たちが元気に暮らしていた。
小説家の茶川竜之介(吉岡秀隆)は、ヒロミ(小雪)と結婚し、高校生になった古行淳之介(須賀健太)と3人で仲良く生活している。
茶川商店の一角は改装され、ヒロミがおかみを務める居酒屋「新山藤」となった。
ヒロミは身重で、もうすぐ家族が一人増える様子。
だが茶川は「冒険少年ブック」の看板作家として連載を続けているが、新人小説家の作品に人気を奪われつつあった。
編集者の富岡(大森南朋)から「もっと新しい雰囲気で」と言われ、茶川はますますスランプに陥っていく。
一方、鈴木則文(堤真一)とその妻・トモエ(薬師丸ひろ子)、一人息子の一平(小清水一揮)、住み込みで働く星野六子(堀北真希)が暮らす鈴木オートは、順調に事業を拡大し、店構えも立派になった。
六子にも後輩の従業員ができ、厳しく指導をする姿はすっかり一人前。
彼女無しでは鈴木オートの仕事は回らないほどであった。
そんな六子は、毎朝おめかしをして家を出て行く。
それは、通勤途中の医者・菊池孝太郎(森山未來)とすれ違い、朝の挨拶をかわすためだった。
六子のほのかな恋心を温かく見守るのは、大田キン(もたいまさこ)。
そして小児科医・宅間史郎(三浦友和)は、今日も町の人のために診療を続けている。
そんな折、茶川が隠していた、とある電報をヒロミが見つけてしまう……。

Movie Wolker より引用

思ったとおり3Dはダメだった。
東京タワーのてっぺんが手に触れるぐらいまで目に飛び込んできたのが、面白いですね…な程度。
あとは、ジャマなだけだな3D。
連綿と続くスクリーン映画の歴史を、安易な遊園地のアトラクション企画にしてしまってはいけない。
このシリーズは昭和30年代という立派なアトラクションを盆栽化しているのだから、余計な色気は必要ない。

技術への過信。

「カラーテレビは人間の想像力を欠けさせる、人は想像力を膨らませるとちゃんと天然色に見えるのだ」
と劇中で、カラーテレビを買えない茶川は負け惜しみ。
分かってるじゃんか、監督(笑)
まして、カラーはリアルだけど、3Dは誇張でしょ?
目に見えないものに使ってほしいな3D。
前作ゴジラの遊びほどの3D遊びは徹底してないのが残念でした。

「アバター」の監督はこれからの映画は全部3Dになる。
とかなんとか言ってた気がするけど、まだまだだなきっと。

まあ、3Dメガネは残念なおみやげとして持ち帰りましたけど…。
せっかくの3D料金なんだから、せめてメガネに「ALWAYS三丁目の夕日64」ぐらい印刷してお土産感覚出してほしかった。
デザインだってダサい。
3D初期のアメリカ風味キャッツアイ型でしょ、この映画を堪能するんであればね。
娯楽産業として、3Dもサービスもまだまだだぁぁぁ 詰めが甘~い(笑)

3Dメガネ

幸せってなんでしょうなあ?
好きなものが身近にあることに尽きるんです結局。

で、人生しあわせ勝負でいったら登場人物は全部金銭負け組なんですね。
多分鈴木オートは修理屋止まり、茶川は貧乏のまま…を示唆させる。
というか、そうあり続けていてほしい強い願望があったりする。
観ているこっちも負け組だから。

この映画は、そんなダメな人たちへのちょっとした励ましかもね。

東京オリンピック開催の明から日本の工業化躍進の暗としての公害や核家族化をうっすらと描く。
あくまでも美しくノスタルジックな思い出だけを留めることは、どうしても都合が悪かったんでしょう。
このあたりから、監督だって未知世界ではなくなったんだしファンタジー夢の世界ばかりは描けない。

婚前旅行というハレンチ六ちゃんにはがっかりだが(笑)
その恋人と乗ったパブリカが好き。
当時の大衆車ではあるが、東ドイツのトラバントみたいでプアゴージャス。
無駄な装飾を削いだデザインがモダンなんです、とっても。
テールのなんともなさがグッときます!

劇場で購入したプログラムを帰ってから見てたら、なんとプルバックトイ(なんちゃってチョロQ)でそのパブリカが売られてるの発見!
こりゃ大変だぁ ほしいぃ どしてもぅ なんでもぉ おれバカだもぉ

翌日、渋谷の上映館に行ったら置いてない。
係りの人に聞いたら日比谷スカラ座にはあるって言う。
わざわざ行ったもぉぉぉ 買ったもぉ おれアホだもぉ

パブリカ プルバックトイ
パブリカ 後
 
世代交代がキモの映画です。

鈴木オートの長男一平や、淳之介の茶川からの独立。
決して楽な将来ではない六ちゃんの結婚。
しかし、世代交代するこの若い世代には根拠のない明るさが見える。
好きなものが明白にあるから。

つまり、しあわせ。

その後、今に至る我々はちゃんと世界を築けているのかを問われているのかも。
しあわせだのなんだの、こまけーこと言ってる暇などないほど頑張ってきた鈴木オート世代の親父さんたちに、我々はちゃんと顔向けできるだろうか。

2012年1月  東京 TOHO CINEMAS渋谷 にて観覧
映画紹介
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自衛隊ブルーインパルスこけし
東京オリンピック開会式で空に五輪を描いた技術無双の自衛隊員ですね!
かなり忠実なエンブレムが嬉しい。
ブルーインパルス 前 ブルーインパルス 後 ブルーインパルス 横 ブルーインパルス 分解



三丁目の夕日64 index

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5

三丁目の夕日64 date

| 映画 | 07:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

志の輔らくご in PARCO 2012

志の輔らくご

想いというのは、藝術である。

人は想像や空想が出来るものは、全て実現できると信じるべき。
タイムマシーンもいずれ可能と、大見得きってのばかばかしいハナシへと向かう

創作「タイムトラブル」
授業に40分遅刻の先生が、だって目の前に宮本武蔵が現れたんだから仕方あんめえ…の弁解。
そもそもファンタジーエピソード満点なくせして、先生と生徒のリアルな滑稽やりとりに笑い。

創作「メルシーひな祭り」
外国の要人の奥様とお嬢ちゃんが、雛人形の魅力にとりつかれ帰国寸前に実物を見てみたいと所望。
成田空港そばの寂れた街の町内会が、大活躍にして間の抜けた力一杯の歓待をする。
日本の政府官僚のへたれっぷりをくすぐりつつ、下町庶民への愛情たっぷりな語らいが見事。

オチ後にステージ裏からホリゾントが開くと、ひな壇にリアル人間雛人形が現れて眩しい。
お話のリアルヴィジュアル化(笑)
素敵な演出。

古典「紺屋高尾」
前2席では、ゆったりとしたマクラの世間話が楽しかったから、いきなり本題へ突入したから驚いた。
なんかマジ気合を感じて背筋シャンとしました。
黒の紋付羽織袴の正装で、志の輔さんの強いネタへの思いとみました。
昨年、師匠談志の死への追悼もあったろうし、3.11への思いもあったはず。

このネタは、不屈の意思への強烈な共感だろうし…。

志の輔 手ぬぐい

昨年の震災で大きな空洞を心に作っておりますが、その中でも我々日本人の科学進歩への共感、おもてなしの美学、不屈の意思といった美点を、それぞれ三席の中に思い起こさせてくれ、とても素敵な夜でした。

幕後、ステージにお囃子連。
志の輔さんの口上で三三七拍子のシメ。

ニッポン頑張りましょう!な気分で。

2012年1月  東京 渋谷パルコ劇場にて観覧
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お雛さまこけし
台座?座布団?にちょこんと座る二人が可愛らしい。
お雛様 前 お雛様 後



志の輔らくごindex

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5

志の輔らくごdate

| 舞台 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川勝正幸さん 合掌

川勝正幸 合掌

同じ匂いのする人の死は、取り返しのきかない藝術である。


博報堂の機関紙の取材を受けたことがあった。
もう随分と前のこと。

内容は覚えていない。

ろくでもない店を経営している ろくでもない私ですが、それでも日本のオルタナティブ音楽に興味を示してくれるメディアもあって、結構取材もされてるんです。
ただメジャーメディアはいつも見下した扱いばかりで、後味すこぶる悪いから取材禁止を旨としていたんですが、メジャー企業にあってもこのインタビューは受けた。

インタビュアーが川勝さんだったから。

博報堂の社内報のような雑誌に掲載されても全く意味ないんですけども、どうやら川勝さんが勝手に個人的趣味を示しているだけという正直さに微笑んだ。
本人が好きな対象だからハナシを聞く…っていう、当たり前がそこにあったから。

単なる仕事で来られても、ろくでもない事に無駄に命を懸けてるこっちとしては仕事ノリでは理解不能に陥るのがオチで、虚しい図に落ち込むばかりで困るのである。
まあ、そんなのばっかだったから。
川勝さんは素敵だったな。
決して仕事の匂いのしない、実に心地良い扱いを受けた。

彼の著作「ポップ中毒者の手記」を出した時も、メッセージ付きでその本を贈ってくれた。
そんな扱いを受けた事がなかったから、とても嬉しかった。

書簡

明らかにくだらない人生を送る私を、笑って握手してくれたのを覚えてる。
お互いバカスカ煙草を吸いながら…。

2012年1月31日 川勝さん自宅火事。
寝タバコでもしてたのかしら…。

お亡くなりになりました。

2012年1月  渋谷喫茶店にて友人より観覧
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
火の用心こけし
竹生島がどこなのか分かりませんが、かわいい子供が火の用心の夜回りでしょうか?
火事には気をつけましょうね!
火の用心 前 火の用心 後



川勝正幸 合掌index

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5

川勝正幸 合掌date

| 世相 | 23:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。