≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画 「オデッセイ」

映画「オデッセイ」

ガムテープは藝術である。


新宿の思い出横丁にある「つるかめ食堂」が新装になってから一度も行ってなかったから、ホルモン定食。
タツシには会えなかったけど、何故かヒロシがオーダー取ってたのが笑った。
相変わらずの店風景に和む。
貧乏くさい(笑)けどほぼ満席。

変わらない風情
タツシかんばれ!



昔の面影がすっかり無くなった新宿ピカデリーで「オデッセイ」鑑賞
綺麗だけど客パラパラ。
つるかめ の勝ちさ。

映画 「オデッセイ」



原題:THE MARTIAN
監督:リドリー・スコット
出演:マット・デイモン
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年2月5日
上映時間:2時間22分
配給:20世紀フォックス映画
製作会社:スコット・フリー / キンバーグ・ジャンル
カラー

【story】
火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。
乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。
空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。
一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。

■シネマトゥデイより引用


なんでしょう、このモヤモヤした映画
トラブル解決の手際よさ
火星でサバイバルに必須なのはガムテープとウンコ
独特のコメディ大作映画としてはかなり一流。

科学の勉強が大事とか言わせるんですけど、どうなんでしょう都合のいい感じしちゃうよ。
結局頼りになるのはガムテープにウンコに度胸だもん。

リドリー・スコット敗れたり。

2016年3月 東京 新宿ピカデリーにて観覧

地球儀と本 こけし

地球儀 前 地球儀 後

お勉強で世界を救うの教訓こけし(笑)
地球に日本しかないのが面白いですね。

date

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5

index
スポンサーサイト

| 映画 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8mm MOVIE FILM バスター・キートン「白人酋長」

8mm キートン

バスター・キートンはサイレント映画の藝術である。

ボクはキートンの短編 『文化生活一週間(原題:One Week)』 で映画の面白さを知った。

One_Week_1920

チャップリンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれたが断然キートンだ。
チャップリンの説教臭さも無く、ロイドの下品さも無い。
クールな佇まいとスタイリッシュな作風の見事さに惚れ惚れする。


某日ヤフオクで 8mm movie film のキートン作品を入手。
DVDじゃなくって、8ミリフィルムだもん小躍りです。

無声短編の「白人酋長」

この作品は、キートンには珍しく人種差別をやんわりと皮肉ってるのがいい。
表現はこうありたいと願う。

映画 「白人酋長

白人酋長

原題:The Paleface (1922)
出演:バスター・キートン、ジョー・ロバーツ
監督・脚本:バスター・キートン、エディ・クライン
製作:ジョセフ・M.スケンク
コミックフィルム作品
ファーストナショナル配給

上映時間21分 公開 1922.1.

【story】
アメリカ中西部、インディアンの一族が居留地で平和に暮らしている。
ところがその近くに事務所を構える悪賢い石油業者が手先を使い、居留地の権利証を1ドルでせしめ奪い取る。
怒ったインディアンの酋長は一族に「ここに最初に入ってきた白人を殺せ」と命ずる。
なにも知らないキートンが捕虫網を持ち、蝶々を追ってのんきに入ってきた。
たちまちインディアン達に捕まり火あぶりに遭うが、アスベスト材を見つけ、それで防火服下着を作り着用して難を逃れる。
火あぶりでも死なないキートンは、一族の崇敬を受け酋長に祭り上げられる。
そして土地問題を知ると、一族を引き連れ石油業者に談判し、思わぬことから悪い白人の企みを封じ込めて感謝される。



ヤフオクで入手したけど、なんかとても安かったから、不安だった。
なにせノーチェック出品のアイテムだから。

現物みたら酷かった(笑)

2分おきにフィルムが3秒ぐらい透明になる!
なんでこう透明になるのか、現像ミスなのかしら…不思議です。

8mmfilm

一応全部見たけど、フィルム破損はなくパーフォレーションは大丈夫。
映写機でローデイングは出来てたのが不幸中の幸い。

ダメなところをカット編集したら、物凄いNG量に驚く。

8mmfilm-

編集テープ1本まるまる無くなり、翌日 レトロ通販 まで8ミリ編集テープ買いに行く羽目に。
カット編集に1週間もかかり800フィートリールで入手したのに、結局400フィートリールに収まってしまう(笑)

せっかくの戦前作品だから、ここはクラシックな金属リールに納めたい。
古いセコニックのダブル映写機に付いてたリールを外して、ダブル仕様の小さいセンターホールをシングルスーパーサイズに穴あけして巻き直し。
手持ちの16ミリ用の金属ケースに収めて、なかなかな雰囲気。

8mmfilm編集済

編集終えてリールに収め、早速試写したけど、部分部分絵が飛ぶけどなんとか筋は分かるし、キートンのアクロバチックな面白さも味わえる。
なんと言っても8mmってのがいい!味がある。
空気の中を映写光が通る質感がグッとくる。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ところで、友人の映画作家 古本恭一君の短編映画上映会をフジヤマで定例でやってるんですけど、次回は3月27日(日)です。
上映作は彼の短編「デマエのオムカエ」(6分)で、全くの新作なので楽しみ。
せっかくだから、私の編集努力品(笑)バスター・キートンの「白人酋長」8ミリも同時上映します!
フジヤマ店頭でいつものように午後7時ぐらいからやります(雨天順延)ので、興味ある方は是非おいで下さいませ。
古本監督との上映後の談話会も面白いですよ。

2016年3月 自室にて観覧

聖母人形こけし
聖母人形 前 聖母人形 後 聖母人形 上
キートンの異色作「PALE FACE」という事で、顔が白いこけしを選んでみました(笑)
ちょっとエロいヴィジュアルですが、なんともエキゾチックな日本の聖母さん。
真っ白な顔に薄紅な頬と眉毛の描込みが見事ですし、子供の表情が素敵ですね。


date

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5


index

| 映画 | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Aki-Asahi Panasonic GM5用レザーグリップ

Aki-Asahi貼替

お飾りは恥ずかしいという心持も藝術である。

パナソニックのデジカメ LUMIX GM5 は小さいくせにファインダーが付いているというだけで、余裕もないのに購入。
がんばって入手したから舐め回すように手にしてたが、どうにも気持ちが悪い部分がある。

Lエンブレム

このLのエンブレムが何故か不愉快なんです。
LUMIXって本体左上に刻印してあるのに、なんだか余分なような気がして…。
思い切って剥がしたら貼皮に穴があいたみたいでかっこ悪い。

さて困った。

元々GM5の貼皮がツルツルなのでイマイチな印象があったので、古いカメラのような牛革のものに張り替えよう!

パナソニックに失礼なのは分かってるけど、ここはもう止まりません気持ち的に(笑)。
Aki-Asahi製の貼革は、グリップも一体成型してあって良さそう!
注文して2日後には届く。

Aki-Asahi貼替グリップ

早速張替えの儀。
初めての経験だから不安でしたが、Aki-Asahiの販売サイトにある手順動画を見て、そのとおり実践したら簡単に完了。

カメラ貼り革の剥がし方
カメラ貼り革の貼り方

貼替え LUMIX GM5

お飾りのLマークも隠れ、ゴムグリップもいい感じにフィットするんです。
なにしろとってつけた感ないのが素敵ですね。

パナソニックにしてみれば、自慢のロゴなんだと思うけど、這いついてる「お飾り」でしかないんですよねボクにとって。
あんなプレートを貼り付けるんじゃなくて、皮にマークを直接エンボスしてあればまた別のカッコよさもあるんでしょうけど…。
カメラの質感を落としてる気がする、チッチャイことだけど(笑)

2016年2月 自室にて観覧



どじょうすくい こけし
ドジョウすくい1 ドジョウすくい2 ドジョウすくい3

どじょうすくいおじさんが、取り籠にすっぽり収まってしまう。
普段は見えないおじさんの気持ちは如何ばかりか(笑)
なんの恨みもないけどPANASONIC LUMIXのマーク隠しごめんなさい!



date

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5


index

| 写真 | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Panasonic LUMIX GM5

lumix-GM5

一途は藝術である。


これから書くことは昨年暮れの涙ぐましいカメラ購入の顛末です。
ですが、まあ人によっては大した苦労とも思えないのかも知れませんが、私なりに頑張ったお話。


デジタルコンパクトカメラのペンタックスQを昼間屋外でスナップすると、液晶画面がとにかく見えにくくてストレス。
フィルムカメラで育ったもんだから、手を伸ばしての撮影スタイルが美しくないのも気になってたし、カメラブレも悩みの種でした。

デッカイ一眼レフを街中スナップで持ち出すのも無粋。
ファインダー付きの、なんか良さ気なチッちゃいデジカメないかと探したら、パナソニックのLUMIX LF1ってのがあった。
これでも買うかなぁ…と、中古屋さんに行くとなんと3万円もする。

LUMIX LF1panasonic LUMIX DMC-LF1

私は貧乏です。

ファインダーのあるデジタルコンパクトカメラがどうしても欲しい。
でも、その3万がない。

貧乏人は無駄使いするから貧乏なんです。
それは存分に知ってはいるけど、どこかで無駄を謳歌したい自分もいる。

無駄でこの世は廻ってるんです。

そう都合よく言い切って買う気満々になったけど、金がない。
ここで馬や船に行くとこでしょうが、幸い私にはその男らしさがない。

その中古屋さんのショーウインドーにはマイクロフォーサーズなのにLF1より小さいカメラがあった!
それがレンズ交換できる Panasonic LUMIX GM5 ってヤツ。

あれこれスペックを気にするタイプじゃないアタシ、M4/3センサーってだけでそこそこ大丈夫。
決め付けた。

一見してありふれたコンデジにしか思えない外観も粋です。

一気に惚れた。
LF1が視界から消えました。

本体だけで4万のこのカメラ、買えるよしもない。
が、欲しい。

無常と云う言葉と共に帰宅。

- - - - - - - - - - - - - - -

ネット散策してると3万円でレンズ付きのGM5が某ネットショップで売ってる!
即効ポチる。

が、しかし中国人恐るべしを思い知る。

振込寸前ギリギリで詐欺発覚。

人間の欲とは恐ろしいものです。
よく調べてみればどこから見ても詐欺だと分かるけど、金に負けると盲目になるもんです。
恥ずかしながら初めて引っかかりましたとも、ネット詐欺。
いい大人なのに(笑)

とりあえず、入金せず無視を決め込む。

詐欺疑惑要因
・会社概要が無いか、無駄に長い
・カタログ写真がメーカーのアリモノか人様サイトの無断使用
・クレーム説明が無理な法律用語で、あり得ないほど長く日本語がおかしい
・振込先がころころ変る
・レスポンスは早いが当該商品知識が怪しい
・とりあえず中古相場の半額近い設定

あー怖い怖いネットショッピングゥ。
そんなこんなで、もう腹が立って事ここに至り、よく行く中古屋さんで絶対GM5購入を決起。

その日から、節約作戦決行。
1日500円生活しか思いつかずってのが情けないけども。

で、外食無しの1日1食で禁煙生活の始まり始まり~ッ。
貧乏食事怒涛の40日をご覧あれ(笑)

2015-11-5 2015-11-6 2015-11-7 2015-11-8 2015-11-9
2015-11-10 2015-11-11 2015-11-12 2015-11-13 2015-11-14
2015-11-15 2015-11-16 2015-11-17 2015-11-18 2015-11-19
2015-11-20 2015-11-21 2015-11-22 2015-11-23 2015-11-24
2015-11-25 2015-11-26 2015-11-27 2015-11-28 2015-11-29
2015-11-30 2015-12-1 2015-12-2 2015-12-3 2015-12-4
2015-12-5 2015-12-6 2015-12-7 2015-12-8 2015-12-9
2015-12-10 2015-12-11 2015-12-12 2015-12-13 2015-12-14
怒りと欲の一途な生活は、痛々しくも健気な私を褒めてあげたい(笑)

- - - - - - - - - - - - - - -

中古だけど、めでたく新宿のカメラ屋さんで入手した本体とパナライカ15mm F1.7
黒より白レンズの方が安かったので、パンダカメラになったけど(笑)

このチョイ広角1本でやり過ごせそうだけど、せっかくのレンズ交換可能なので望遠レンズも欲が出た。
手持ちのレンズで古いマニュアルレンズのタムロン90ミリマクロとシュナイダー35ミリがあるので、それ用のマウントアダプターも購入。
これで35mm換算 30mm 70mm 180mm が揃いました。

手にしてみるとさすがに小さい、いい感じ。
LUMIX GM5 - hand in

されどさすがに持ちにくい。
専用のサムレスト(親指グリップ)も散財
いよいよ貧乏まっしぐらなるも
怒涛の40日苦行成就忘れまじ。
LUMIX GM5 背面

斜め掛けストラップも必要ですから、黒の組紐を2mばかり近所の手芸屋さんで買ってきて、いいあんばいに切断してドイツ金具を取付けました。
付属の三角環では外すのがひたすら面倒。
このドイツ金具はそれよりは楽に外せる優れものなんです。
LUMIX GM5 横

準備は出来た、もうビュンビュン撮るしかありませんね。
とにかく偉そうに見えない外観で楽チンだし、散歩カメラに最適。

ちょっと使った感じだと、さすがにタムロン90mm は35mm換算で 180mm だから手持ちだと厳しいな。
ボディ内手ぶれ補正があるといいな、それがとりあえずの不満かな。

とか言いつつ、昔はそんな便利なもん無かったから人間って我儘なもんだよね。

leica15mm
panasonic Leica DG SUMMILUX  15mm  F1.7
ISO 200  F1.7  1/5000

Schneider35mm
Schneider Curtagon  35mm  F4
ISO 800  F4  1/800


tamron90mm
TAMRON  SP 90mm TELE MACRO  F2.5
ISO 800  F2.5  1/13


2015年12月 自室にて観覧
ルンペンこけし
ルンペンこけし 前 ルンペンこけし 後
茶色のドカンに達筆で
「土管の中からちょっと覗き
ボロロン ~ オンボロロン」
と書いてあります。
小坂一也のヒット曲「オンボロ人生」の歌詞引用ですね。
継はぎだらけの貧乏スタイルで、無精髭だけどお目目パッチリでのんきな風貌。
貧乏なんか怖くないの風情ですね。



date

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5


index

| 写真 | 14:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジェームス・チャンス&ザ・コントーションズ 来日公演

ジェームス・チャンス 来日公演

素敵なものを夢想するのも藝術である。

70年代終わりにブライアン・イーノプロデュースで発売されたオムニバスアルバム「NO NEW YORK」と翌年(1979)リリースされた単独アルバム「BUY」はボクの愛聴盤。
今頃になってコントーションズを目にするなんて思ってもみなかった。
ただただ嬉しい。

問題は場所だ。

ブルーノート東京だって!
マジか!

8500円のチケットでドリンクも頼まなくてはいけない。
外タレさんだから仕方ないんだろうけど、でもジェームス・チャンスだよ?
ボクのジェームス・チャンスはパンク野郎で、破天荒なサックス吹きってとこで認知されていたし…。

金はいい。高くてもいい。本来ならNY行って見るべきものだし。

感動したコントーションズは30年前だし、30歳年取ればおとなしく座って観るのもオツなんでしょう。
色々と諦めて青山のブルーノート東京へ行きましたとも。

ブルーノート東京

さて、始まった。

ヘンリー・マンシーニ作曲ブレイク・エドワーズ映画『酒とバラの日々』のテーマ曲をヘッタクソに歌います。
素敵です。パンクです。

ニヤニヤしてたらコントーションズの曲になって、もうワクワクが止まりません。
バンドのうまいこと上手いこと!



座ってられなくて、立ち上がったらウエイターに怒られた。
立たないでください、後の人が見えませんからと。
後の人は知人2人しかいないんですけど…って、言おうとしたけど、大人げないから座ったさ。

マック・ゴルホン (tp)さんのコントロールされた演奏にリチャード・ドゥオーキン (ds)さんのいなせなリムショットが絶品です。
そうか、粋なジャズバンドだったのね、パンク風味の。

ジェームス・チャンスさんのバックボーンはジャズとジェームス・ブラウンなのは知ってる。
彼は彼のジャズをやってるんでしょうけど、出てくるものはパンクだったんです。
それを、僕は素敵だと思う。

ラウンジリザーズや日本のスポイルにも通じる、似て非なる偉大なる勘違いを感じさせる時間だった。

ボクは想う、こんなスノッブなとこじゃなく若い子達がわさわさいる中で、客とバンドで作るコントーションズを感じたかった。
セロニアス・モンクを観てるように彼の音楽を感じるしかなかった。

とってもいい演奏だったし面白かったんだけど、30年前の確認をしてる自分に気が付いてた。
いいのか悪いのか、そのあたり微妙だなあ。

ちゃんと耳を傾けてジーッと聴いてくれる客を前に演奏するのはバンドにとっては嬉しいでしょうけど、もっと沸点上げたところでのモノも期待している自分がいた。

いい大人になった彼らが、小さなライブハウスとかクラブで無茶やるのを夢想してた。
そしたら、唐突にジェローム・カーンのスタンダード曲「Yesterdays」を歌い始めたチャンスさん。
勿論ヘタ歌(笑)
そう、その意気だ。

2016年1月24日 ブルーノート東京にて観覧

スノッブなカップルこけし
スノッブカップル 前 スノッブカップルこけし 後
スーツ姿のオシャレさんで女性の帽子と男性のチーフがこけしスノビズム(笑)
なんのこけしなんでしょうか、謎ですね。

date

NIKON D-700
AF-S Micro NIKKOR 60mm f2.8G ED
36×23.9mm CMOS  12.1 megapixels
adobe PHOTOSHOP 5.5


index

| 音楽 | 08:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | OLD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。